台風の来襲による事故発生のための措置について

  生徒  
  1.暴風警報が発令された場合  ⇒ 学校は臨時休業となる。登校してはいけません。
  2.午後3時までに解除 ⇒ 通常通り授業を行う。
  3.午後3時以降でも暴風警報発令中の場合 ⇒ 引き続き臨時休業とする。
  4.すでに「暴風域内」に入っている場合 ⇒ 放送がなくても休業となる。
 補足  ラジオ・テレビの天気予報で台風接近が伝えられたら、台風情報に注意してください。 ほとんどの場合、「暴風警報」が発令されるとテレビや ラジオで学校の臨時休業が伝えられます。 ただし、暴風警報が解除されたあとに登校するよう呼びかけることはないので各自で上記のとおり判断して下さい。 尚、沖縄県教育庁Webでも台風に伴う休校情報を発信しております。

  職員  
 職員は、暴風警報が発令された場合であっても、基本的には出勤し、学校施設の台風対策にあたる。 ただし、警報発令中でも下記のとおり猛烈な風雨の場合には、学校長の「業務停止」措置があるか確認し、 その指示に従うこと。
 1.校長が業務の停止措置を命じる判断基準
  (1)当該区域が3時間以内に暴風域に入ることが予想されるとき。
  (2)当該区域において、バスの運行が停止することが明らかなとき。
 2.次の場合には業務を再開する
 (1)業務終了前3時間以内に、当該区域が暴風域外となったとき。
 (2)当該区域において、業務終了前3時間以内に、バスの運行が再開されたとき。
 3.緊急連絡網の確認
 (※)校長の業務停止措置は「緊急連絡網」で連絡するので確認しておくこと。
(※) 尚、沖縄県教育庁Webでも台風に伴う休校情報を発信しております。